blog

カテゴリー:

建築中

塚口ー割烹料理店~丸太~

現在工事中の割烹料理店。

今回、要所要所に丸太を使っています。天井にメインで使い、その他壁の出隅部分や床の間の床柱等。

サビ丸太、赤松、香節(コブシ) どれも、お茶室でよく使われている材料です。

香節は、切ると独特のショウガのような香りがし、ビックリしました。

香節とサビ丸太との取り合い。

丸太と丸太がぶつかり合う、かなり難易度の高い納まりで、一般的な大工さんでは加工ができない納まりです。

その他、特殊な丸太の加工がたくさんあったため、普段からお茶室等を手掛けている京都の大工さんに

1ヶ月手伝いに来ていただきました。丸太部分はすべて京都の名工によるもの。

実際見ると、ため息ものの美しい納まりです。

丸太を並べる順番も、こちらから何も言わなくても1番キレイに見えるバランスに並べてくれていました。

丸太の上部だけは、水平を出すために、部分的に削っています。

持っている道具もいつもの大工さんとは全然違い、仕事の進め方や考え方等すべてが超1級。

レベルが全然違いました。京都の職人さんは本当にスゴイ!!

色々な納まりを教えていただき、私もまだまだ勉強不足だなぁ~ということを痛感しました。

まだまだ勉強の日々が続きます。