PROFILE

一級建築士

Keiko Dempo

■傳寶慶子について

建築士だった祖父の影響を受け建築を志すようになり、学生時代、斎藤裕氏が設計する空間に心奪われ、毎日作品集を穴が開くぐらい眺め、建築に全力で恋をしていたというのが私の建築人生の始まりです。
その頃から、これほどまで人の心を魅了する空間を私も造ってみたい、そして誰かを感動させたいという想いが溢れ、早々に独立、設計事務所を立ち上げ、今に至ります。
細かい納まりを考えながら図面を描くことが本当に大好きで、仕事をしているというより毎日趣味に没頭しているという感じで、日々設計活動に励んでいます。
設計事務所は敷居が高いと思われがちですが、こだわりのある方大歓迎ですので、お気軽にご相談していただけたらと思います。

経 歴

1979年
兵庫県生まれ
2002年
大阪工業大学建築学科 卒業
2007年
一級建築士事務所 傳寶慶子建築研究所を設立

資 格

一級建築士登録 第325145号

趣 味

  • 建築の細かい納まりを考えるのが何よりも好き
  • 焼物鑑賞
  • 食器集め
  • 美味しいものを食べること

こだわり

『建築』には答えがなく、考え方次第でいかようにも変化していく存在だと考えています。
自身の感覚を研ぎ澄まし、デザイン、機能性、品性、そしてすべてが美しく整えられていること、をとことん追求し設計しています。
すべての寸法には意味があり、その細かな寸法をミリ単位で操作することにより空間の見え方を変化させ、ときにはハッっと心ときめく見せ場を造ったり、ふとした時になんかいいよねと思ってもらえるような仕掛けを作ったりと、ワクワクするような仕掛け作りに魅了されています。 そして現場に入ると、頭の中で思い描いた美しい旋律(図面)が流れ出します。
この旋律を邪魔するもの、図面と違う箇所が少しでもあると、頭の中で不協和音が鳴り響き、これは一種の特殊能力か?と思えるほど、ザワザワと違和感を覚えるのです。
原因を突き詰めるため歩き回り図面を確認してみると、やはりこの寸法が間違っているということに気づき職人さんと話し合い、造り直してもらう。 そんな小さな気づきの積み重ねで、建築は成り立っていると思います。
お客様の内なるご要望にどこまで気づき、どこまでそれを形にしていけるか。
そんな際限なき追及を繰り返しながら、設計という仕事に誇りを持って取り組んでいます。

事務所概要

事務所名 傳寶慶子建築研究所
所在地 兵庫県尼崎市東園田町9丁目33-7
TEL / FAX 050-3309-3832
※メールでのお問い合わせはこちら
受付時間 10:00~18:00
定休日 日曜・祝日
登録 一級建築事務所
兵庫県知事登録 第01A01231号

アクセス

阪急神戸線:園田駅より徒歩5分