blog

カテゴリー:

ブログ

桧の大黒柱がある家、上棟

伊丹市『香居』~上棟~

先日、無事に上棟しました!

今回、構造材の柱・梁にはすべて、岐阜県東白川村から取り寄せた『東濃ひのき』を使用しました。

柱の太さは、すべて120角サイズ(通常は105角)。梁もすべて120幅。ガッチリとした骨組みを造りました。

現場について車から降りた瞬間、ヒノキのいい香り♪

いつも、柱にはヒノキを使っていたのですが(集成材は使いません)、梁まですべてヒノキというのは初めて。

さらに、紅白の布で巻かれている柱は、240角もある大きな大黒柱!!長さ8mもあります。

家の中心に位置し、シンボル的な存在。なかなかの迫力です。

そして、神主さんを呼んで、「上棟の儀」を執り行いました。

地鎮祭は毎回するのですが、上棟式までしたところは今までなく、初体験。昨今では珍しい光景です。

 

2階は、切妻屋根の形状をそのまま活かした、勾配天井になります。ヒノキ、ヒノキ、オールヒノキ♪

水平の化粧梁は、節がなくスベスベ。桧って、このスベスベ感が最大の魅力なのです♪とってもキレイ~

そして上棟式の最後に、お施主様が挨拶され

「設計を依頼してから丸3年、ようやくここまで形になりました。」と・・・・。

そうか!気づけばそんなにも月日が流れていたのだ、と改めて思い、上棟という記念すべき日を迎えられたことを

本当に嬉しく思いました。色々な想いが初めて形として立ち上がり、感動の1日となりました。

最後に嬉しいお土産を☆

『美感遊創(びかんゆうそう)』というネーミングのお酒。意味は・・・

『美しく感性に訴えるところがあり、遊びがあって独創性をもっているもの』

このネーミングが、私の建築感にピッタリだということで、選んでいただきました。

なんと粋な計らい・・・(涙)。しかも最上級のお酒です。

お施主様には、本当にいつも感謝しっぱなしです。工事監理も張り切ってがんばります!