傳寶慶子建築研究所    KEIKO DEMPO ARCHITECT INSTITUTE   
  手造り感を大切に、素材のもつ美しさを感じていただけるような設計提案をしています。                  HOME


   設計の進め方
 〜夢の構想から実現まで〜

           こんな事務所で、毎日仕事をしています
『設計事務所=敷居が高い』というイメージは、捨ててください
    
    
当事務所は、物作りに熱い熱い想いを持っています。よい建物を作ろうと、他の人よりも必死になります。
   
    必死に頑張った結果、予想以上のすばらしい建物が♪その頑張りストーリーを、是非ともご覧下さいませ。


01  相談

ホームページからのお問い合わせ、お知り合いからのご紹介等、出会うきっかけは様々ですが、まずは、
気軽にご相談ください。新築・増築・リフォーム・その他、建築に関することでしたら、どんな些細なことでも
OKです。
まずは話すことから始めましょう〜。


02  見学


      訪問風景
必要であれば、過去に当事務所が設計した物件をご紹介しますので、
是非とも見学してみてください!
話しや写真だけでは、その場所の雰囲気や空気感まではよくわからな
いものです。空間を体験していただくことにより、より一層、当事務所の
こだわりPOINTなどが見えてくると思います。
もちろん、ご家族そろって♪楽しんで見学してください。


03  ラフプランの作成
具体的な要望やイメージ、予算などを思う存分お聞かせください!要望がうまくまとまっていなくても
大丈夫です。断片的なイメージ等、
夢をたくさん語り合いましょう〜。
それに基づき、こちらでたたき台となるプラン・模型等を作成いたします。通常、2週間〜1ヶ月程度
かかります。合わせて敷地や法的条件等の調査を行います。

そして、このプランをもとにお互いの考えを話し合っていき、当事務所に設計を依頼するかどうかを
決めていただきます。考えが合わないと判断された場合は、遠慮なくおっしゃってください。
考えが合わないまま設計を進めていきますと、お互いが不幸になりますので、そういうことは避けた
いと思っています。
ここまでは一切、設計料を請求することはありませんので、ご安心を!
                  (2回目以降の提案からは、費用がかかります)



04  設計監理契約
お互いの考えが合い、設計を依頼していただくこととなった場合、設計監理契約を締結していただきます。

このとき、設計料の20%をお支払いしていただきます。



05  基本設計
ラフプランをもとに、平面計画、断面構成、内外部仕上げなど基本的なことを決めていきます。お客様が納得
するまで何度でも変更していただいて構いません。
語り合った夢を、一緒に実現していきましょう〜。
この時期は、プラン作成→変更→プラン作成→変更・・の繰り返しが続きます。

 事務所のがんばり その1

 お時間にゆとりがあるのであれば、この
基本設計に

 多くの時間を費やしたい
と考えています。これから

 建てる建物は、ほとんどの場合、そこで一生の大半

 を過ごす場所となります。その多大な時間を過ごす

 建物が、使い勝手が悪い、日当たりが悪い・・等々、

 お客様の意にそぐわないものとなっては、不愉快極

 まりないですよね。このすべての基本となる計画こ

 そが、一番重要であると考えていますので、最後ま

 でお付き合いいただけるとうれしいです。



   変更事項を書き込んで、落書きだらけの図面


06  確認申請提出
基本設計が決まった後、建築着工に向けて許可申請手続きを行います。

確認申請がおりましたら、設計料の30%をお支払いしていただきます。
(申請に伴う諸費用は、別途ご請求させていただきます)

07  実施設計&現物確認
基本設計の図面をもとに、さらに詳細な図面を作成しますので、それに合わせて具体的な仕上げ材料
を決めていただきます。壁や床に何を使うか、キッチンや家具・建具などのデザイン、電気やコンセント
の位置等、かなり細かいところまで、決めていきます。

 事務所のがんばり その2

 実施設計では、とてつもない量の図面を描きます。

 住宅1件に対して、
図面枚数は100枚程度にまで膨

 れ上がります。同業者でも、驚くぐらいの図面の多さ&

 細かさです。
5〜6枚の図面だけで工事をしている現場

 は数多くありますが、そんなことでは、心地のよい空間

 は生まれないと考えています。

 設計事務所にとっては
図面が命!この図面がないと、

 現場でうまく納まらなかったり、設計の意図が伝わらな

 かったり等、問題が数多く発生します。


 窓やドア枠廻りは、1/5のスケールで
  詳細図面を描きます
     

 事務所のがんばり その3

 具体的な仕上げを決定していくにあたっては、サンプルを取り寄せたり、現物を確認しにショールーム

 に行ったり、現産地まで材木を見に出かけたりもします。
当事務所では、

   『カタログだけで材料を選ぶということは、一切いたしません』

 なぜかと言いますと、
カタログの写真だけで選んだものは、必ず失敗します!!

 皆さん揃いに揃って、イメージと違う・・・と嘆かれています。さらにカタログだけで選ぶと、その『もの』

 に対して、愛着がまったくわきません。やはり
自分の目で確かめ、納得して選んだものは、後か

 ら見ても、とても
よいものです
思い入れがまったく違ってきます。手間と時間はかかりますが、

 やはり納得する建物を建てていただきたいと思っていますので、この材料選びには、とくに力を入れ

 ております!
余談ですが、ここまで付き合ってくれる事務所はそうないものと、自負しています。


               カウンターやテーブルの天板を、1枚ずつ選びに行きました



08  工事見積り、工事請負契約
実施設計の図面をもとに、施工会社に見積りを依頼します。その後、見積り調整を行い、お客様と施工会社
との間で工事請負契約を締結していただきます。

09  工事着工
いよいよ工事が始まります!!
工事の安全を願い、「地鎮祭」を執り行います。
静粛な雰囲気に、チョッピリ緊張しますが、これから
いよいよ工事が始まるぞ〜という実感がこみ上げて
くる日でもあります。



10  上棟式
感動の1日です。ほとんどの方が、この日ばかりは、仕事を休まれ見に来られます。
大工さんがとっても頼もしく、かっこよく見える一大イベントです!



上棟後、もしくは中間検査終了時に、設計料の30%をお支払いしていただきます。

11  工事期間
図面通りにきちんと施工されているかをチェックするため、頻繁に現場へ通い、適宜現場で打ち合わせを
行います。細かい部分やデザインなど、現場を見ながら変更する場合もあります。
工事の合間に、カンナかけ体験なども出来ますよ♪ 現場は楽しいですので、何度でも足を運んでください。



 
お客様ご自身が、壁塗りをしたり、塗装をしたりと、皆さん積極的に
                           工事に参加されています♪

本来ならば専門業者さんに任せるはずの

仕事を、お客様ご自身でされることにより

『家』に対して、とても愛着がわいてきま

す。出来ることは、自分たちでしたい!と

いうお客様が増えてきているのですね。

そして何より嬉しいことに、人件費がかか

らなくなりますので、その分、工事代金も

安くなります。(工事代金の中で、人件費

の占める割合はとても多いです)



 事務所のがんばり その4

 『ほぼ毎日、現場に行きます!』

 ここまで現場を監理している事務所は、そうないので

 はないでしょうか。
ほぼ毎日現場に行って、仕上が

 りをチェック
しているので、大工さんとはよく喧嘩もしま

 すが(笑)施工漏れや間違い等を、未然に防ぐことがで

 きます。図面を描いたらハイ終わりではなく、ここから

 職人さん達とのやりとりが始まり、みんなで知恵を出し

 合い、よい方向へと進んでいきます。

 よく現場のお手伝いをしています。というか、させられ

 ています・・・(笑)喧嘩しながらも、仲がよいです。



          釘打ちのお手伝い風景

12  竣工検査・引渡し

完成した建物をチェックし、必要に応じて手直しなどの指示をします。そして
役所による完了検査を受けた後、お客様へ建物の引渡しを行います。

ご希望により、
建築写真家による本格的な竣工写真を撮ることもできま
すので(料金は別途)、ご相談ください。
一生に残る、思い出深い写真となります。


引渡し後、設計料の20%をお支払いしていただきます。
(支払い終了です)

13  その後


     完成パーティー。みんなで料理を作りました
住みはじめられた後も、不備があれば、きちんと対応さ
せていただきますので、末永いお付き合いをよろしくお
願いいたします。
また、建物引渡しから1年後には、
1年点検を行い、
不具合があれば早急に手直しを行います。これ以外で
も、ご相談等がございましたらご連絡ください。

*設計監理費の目安*

    工事金額(税込)           設計料(税込) 
    1000万円未満           → 12%
    1000万円〜2000万円未満  → 11%
    2000万円〜4000万円未満  → 10%
    4000万円以上           →  9%