アントニ・ガウデイはタラゴナ近郊の都市レウスで1852年に生まれた。

バルセロナ建築学校に21歳で入学、苦学生だったガウディは、複数の

建築家の助手として早くから現場で実践を学んだ。

卒業後、後にパトロンとしてガウディを生涯支え続けたバルセロナの新

興ブルジョアジー、エウセビ・グエルに認められ、斬新なデザインと構造

美を持つ作品を発表、建築家としての地位を確立する。

晩年はサグラダ・ファミリア聖堂の建設にすべての時間と情熱を捧げるが、

1926年、路面電車にはねられて73年の生涯を閉じる。