19世紀末、ヨーロッパのなかでも近代化が遅れていたスペインで、いち早く繊維工業などの

産業を発達させ経済力を蓄えたバルセロナ。中世の繁栄とその輝かしい時代を取り戻すかの

ごとく、市街地を拡張し、新たな都市計画が次々と練られていた。こうしてできた新しい街並み

の出現は経済効果絶大で、富を蓄えた新興ブルジョアジーがこぞって豪華で美しい建造物を

建てる機会となり、バルセロナ始まって以来の建築ブームが起こった。需要の急速な拡大に

伴い、人手不足の建築家を養成すべくバルセロナ建築学校が設立された。ガウディが入学す

る直前のことである。苦学して卒業したガウディが世に出たころ、バルセロナは街全体が熱気

に覆われ、あらゆる分野で新しい試みが始まろうとしていた。

こうして始まったのがモデルニスモと呼ばれる芸術・文化様式であり、カタルーニャの伝統に根

ざしつつ進歩的スタイルを模索する社会運動として、世紀末のバルセロナを席巻した。